SSブログ

ホワイトバランス [雑感]

デジタルカメラの用語に「ホワイトバランス」というのがあります。

カメラがご趣味の方には耳なじみがあると思います。

カメラで被写体を写すときに、白いものが白く写るように補正を行う機能のことをホワイトバランスといいます。

被写体は、太陽の光や蛍光灯などの光源からの光を反射して、目やレンズに写ります。

そのため光源の色が違えば、目に写る色も違って見えることになります。

人間の目はよくできていて、白いものは白と認識するため、どんな被写体であっても自然な色合いとしてとらえますが、カメラのような機械はそうはいきません。

雪原を写した写真が青っぽく写ったり、電球の下で撮影した料理がオレンジっぽく写ることがあるのはそのためです。

そこでホワイトバランスの調整が必要になります。

カメラには「オートホワイトバランス」という設定があり、とりあえずオートにしておけば自動調整してくれますが、補正が上手くいかないときには「晴天」や「曇天」「蛍光灯」「電球」などの中から手動で設定することになります。


同一の被写体なのに条件によって見え方が変わるなんて、おもしろいですね。

まるで人間の心のよう。

ひとつだけの事実なのに、眺める人によって見え方がまったく変わってしまうことがある。

人間もホワイトバランスの調整ができたらいいのに。

光源の設定を「自分」から「相手」に変えてみたら、違った見え方ができて、相手のことを少しは理解できるようになるかもしれませんね。

まあ人間なら少し修業を積むことで、そんな洞察力を身に付けられるようになるかもしれませんが、なかなか道は険しいですね。

ついつい自分の見え方を主張したりしたくなってしまいます。

主張とまではいかなくても、相手にわかってほしいと説明に説明を重ねてしまうことがありますよね?


………


あ、いけない。


沈黙は金


でしたね。


よくドラマとかで、登場人物の気持ちがすれ違う場面がありますね。

特に恋愛ドラマとかではよくある設定で、見ているこちらとしてはハラハラドキドキの連続だったりします。

主人公の言動の間(ま)が悪かったためにヒロインに誤解されてしまい、恋敵に奪われてしまう場面なんて「ああ、そうじゃないのに~」「彼が好きなのは彼女じゃなくてあなたなのよ~」なんて、つい見入ってしまいます。


あれって、ドラマだから成立するんですよね。

こちら側で見ている視聴者が楽屋裏まで含めて事情を分かっているからこそ、安心して、あるいは共感して楽しむことができるわけです。

でも現実の世界では、誤解によってねじれた人間関係はどこまで行ってもねじれたまま。

脚本家が最後に都合よく種明かしをしてくれることなんてありません。


切なく悲しい、そして残酷ですね。

小説ならエピローグで、映画ならエンドロールできれいに収めてくれるでしょうに、現実の人生ではお互いに誤解したまま、時には悲しみを抱きながら、時には憎しみを抱えながら、人生を終えるのです。

ボタンを掛け違えたまま、一生を離れ離れに暮らすことになった人だって星の数ほどいたでしょうし、この先もそうでしょう。


私自身もこれまでに、そんな思いをたくさんしてきています。

私より人生経験の長い教室の皆さんなら、なおさらかもしれませんね。

いつか機会があったら、どのようにしてその寂しさを乗り越えてきたのか、ご教授いただければと思います。

お酒でも飲みながら(苦いお酒になりそうですね)。


ちなみに今の私の境地では、こんなふうに受け止めようと努めています。


前提として、どんなに努力をしたところですべての人から受け入れられることなどあり得ません。

だからどんな人でも、職場など外側の世界ではそのようによそ行きの顔で振る舞っているでしょう。

そうやって仮面をかぶって、なるべく軋轢を生まないように過ごすのは、大人の知恵だと思います。

そりゃそうですよね。

みんながみんな、思っていることを我慢せずに口にし出したら、世の中大混乱(笑)


とは言え、人生のすべてを仮面をかぶって過ごすわけにはいきません。

だからせめて自分が大切に思う人の前では本音で語りたいし、誤解なく受け入れてほしいと願います。

たとえ内容的には受け入れがたい、理解しがたいことであったとしても、心情的には受け止めてほしい。

少なくとも邪気を捨てて、理解しようと耳を傾けてほしい。

どちらが正しいのかを競うのではなく、相手を理解し一致点を共に探ってほしい。


けれども前回書いたように、どんなに真心を込めて説明に説明を重ねたとしても、受け入れてもらえることは梅雨の晴れ間を探すぐらい難しいのかもしれません。


だから、こう思おうと思います。


自分の心の声に従って振る舞った結果が図らずも不調和を招いたときには、自分の中に不足だった部分はないか、不誠実だった部分はないかをまずは振り返ってみようと思います。

前回の件で言えば、パソコンの設定をするのに最善の努力をしたか?

手を抜いたりはしなかったか?

意地悪な気持ちや悪意からではなく(それが結果的に間違っていたとしても)善意から、相手のためを思ってしたことなのか?


その上で自分は精一杯やった、良心に照らして恥ずるところはないと胸を張れるのであれば、あとのことは相手に委ねてしまおうと思います。

人生でいちばん大切なことは、他人に合わせて波風を立てずに生きることではなく、自分の人生を生きることだと思うからです。

言い訳しながら生きるのにも疲れたしw

結果として誤解されたままであったとしても、いつかわかってもらえる日が来るかもしれないし、来ないかもしれません。

どっちでもいいや(笑)


相手の顔色を気にせずにはいられない私にとってはなかなか困難な道ではありますが、来年は還暦を迎えます。

この世を去る時に後悔しないためにも、自分の人生のハンドルは自分でしっかり握っていなければと思います。

この先の人生が、たとえ願ったものとは違ったものになったとしても、人のせいにすることなく、「でもこれが自分で選んだ道だから仕方なかった。ほかに道はなかった。」と納得できるように生きていこうと、様々な経験を経て思いを強くしている今日この頃です。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

沈黙すること [雑感]

今年も押し迫ってきました。

振り返ってみて、実に様々な出来事があった一年でした。

その中でひとつ、自分にとって非常に感銘を受けた出来事がありました。

あまり愉快な出来事ではなかったし、書かないでおこうかとも思ったのですが、あれからずいぶん時間が過ぎたし、このブログを読む人もそう多くはないでしょうから(笑)、自分の気持ちを整理するためにも記しておこうと思います。



もう半年以上も前のことです。

ある飛び込みのお客様からパソコンの設定を依頼されました。

ご依頼を受けたAというソフトの設定自体はいつも行っている内容で、特に難しくもないものでした。

ところがその方のパソコンにはBというメールソフトが入っており、それが邪魔をして設定を完了することができません。

Aの設定をするためにはBのソフトを若干操作しなければなりませんでした。

そこでAの設定を完了するためにいったんBを操作し、無事Aの設定を完了してパソコンを引き渡しました。


ところがその後、そのパソコンでメールの送受信ができないというご連絡を頂きました。パソコンをお持ちいただき確認してみると、確かにそのようです。

生徒さんにはお詫びをし、もう一度パソコンをお預かりしました。


それからあれこれ調べてみると、以下のことがわかりました。

・Bのソフトが入っているパソコンでAの設定をすると不具合が発生する可能性がある。

・ソフトを提供しているマイクロソフト社ではその事実を認識しており、最新版のソフトではそのような不具合が起きないように仕様が変更されている。


その生徒さんのパソコンに入っていたソフトは旧バージョンだったために、そのような不具合が生じてしまったようです。


そこで上記のことをご説明した上で、メールソフトの不具合に対応し、メールの送受信に関しては以前の通りにできるようにすることができました。


ただ、週末にパソコンをお預かりすることになってしまい、重要なメールのやり取りができずに不便な思いをしたということで、散々のお叱りを頂きました。


「Aの設定を頼んだだけなのにBまで勝手にいじられて、非常に迷惑した」

「おたくが余計な操作をしたために、パソコンの調子が悪くなってしまった」

「こんなことならおたくになんか頼まなければよかった」


それに対して私は、技術的な説明をできる限りていねいにした上で、不十分な状態でパソコンをお引渡ししたことをお詫びしました。

そもそもその方はあまりパソコンには詳しくない方なので、私の説明に対しても、ずいぶん的外れなクレームを付けられましたが、それを申し上げたところで火に油を注ぐだけになるのは明らかでしたので、「とにかく申し訳ありませんでした」と頭を下げ続けるほかはありませんでした。

最後は「どうせ心の中では私のことを馬鹿にしているんだろう」と言い残して、帰って行かれました。


事のあらましはざっとこんな感じです。


この出来事は、私の心に強い感銘を与えました。


まずパソコンの設定に関して、自分の対応を振り返ってみました。

今、もう一度時間をさかのぼってパソコンをお預かりしたとして、別の対応ができただろうかと考えてみました。

それでも結局は同じ対応をしただろうと思います。

お預かりした時点では、そのような不具合が発生することは(私には)予見できませんでしたので、同じ操作をしただろうと思います。

もちろんパソコン全般に関する私のスキルがもっと優れたものであれば別ですが、今の私の「町のパソコン教室の先生」のレベルでは、それはわかりませんでした。


〈いろは教室〉には、実に様々なご相談が持ち込まれます。

教室でお教えている内容から大きくかけ離れたことやまったく取り扱っていないことであることも珍しくありません。

そして私は、基本的にはどれもお断りすることはありません。

それはこういうことからです。

1つは、たいていのご相談に対して対応できるという自負があるからです。

たとえ自分が知らない内容であっても、調べられるものであれば調べて、ご相談者のお役に立ちたいと思っていますし、またそうしてきたつもりです。

もちろん出来ないこと、わからないことに関しては、きちんとそのようにご説明させていただいています。


出来るかどうかわからないことをお引き受けすることにはリスクが伴います。

やってみてできなかった場合、その旨をご説明したときにガッカリされたり教室の評判を落としてしまうことにもなりかねません。

そうであれば、自分の守備範囲から外れる部分には手を出さない方が賢明なのかもしれません。

野球でも、難しいゴロが転がった時に、無理せずに見送れば「ヒット」と記録されますが、なんとかアウトにしようと飛びついて球をはじいたりすれば「エラー」という不名誉な記録がついてしまうかもしれません。

私はそれでも、できれば飛びついていきたいという考えでいます。

そうすることで喜んでくださる方がいらっしゃるのであれば、私もまた喜んでそうしたいと思うのです。


ただしそのためには、惜しくも球をはじいたときに「ナイスッ」とか「惜しい!」とか「ありがとう」と声をかけてくれる信頼できる仲間がチームメイトであることが必須です。


幸いにして教室に通ってくださる生徒さんたちのほとんどは、私のことを信頼してくださっています。

だからこそ私も臆せず難しい打球に飛びつくことができますし、仮にそれでエラーしてしまっても(滅多にありませんけれどね)、事情を説明すれば気持ちよく納得していただけているのです。



この出来事があってから、パソコンの設定を承る時には念書のようなもの(最善を尽くしますが不具合が発生する可能性もありますのような)を書いていただかなければならないかなと、少々暗い気持ちで過ごしもしましたが、今のところは従来通りに対応しています。

あくまでも生徒さんとの信頼関係を軸にして、お付き合いさせていただきたいと思っています。


件のお客様についても、ほかの生徒さんと同様に満足していただこうと精一杯のサービスを提供しました。

料金もきわめてリーズナブルなものであったと思いますし、私は作業のためにかなりの時間を費やしました。

ご依頼内容(Aというソフトの動作設定)については、完璧にできていました。

その上で不可抗力的に発生してしまった不具合についても、ほぼ現状を回復することができました。

そして丁寧に丁寧に、心を込めてご説明させていただいたのですが、その結果は悲惨なものでした。


少し前まで私は、きちんと向き合って心を込めて話せば、気持ちはきっと伝わる、そう思っていました。


果たして、人と人とは真に理解し合うことができるものでしょうか。

それはきっと不可能なんだろうと、今では強く思っています。

争いごとやいじめも、世の中からなくなることはないでしょう。

人が二人以上いれば、必ずそこには何らかの軋轢が生じます。


芥川龍之介に「藪の中」という短編小説があります。

そこで語られているように、世の中に起こる事実は一つでも、真実は人の数だけあります。

事実を眺めるのは人間で、その人間のフィルターを通して物事を理解するのですから、当然です。

ひどい時には一つの事実がまったく真逆に解釈されることもあります。

善意(のつもり)で行ったことが悪く取られて非難されたり罵られたり。

「いやいや、そんなつもりではないんですよ」

相手に自分の気持ちを分かってほしくて一生懸命説明するのですが、相手は理解してくれるどころか、ますます自分の真意とは違う受け取り方をして、状況は悪化の一途をたどる…。

でも、それは無理もないことなのだと思います。

人と人とがつながるのに、「言葉」というものは非常に脆弱で不完全な道具なのですから。

言葉が意思疎通のツールとしてどうにかこうにか役立つことができるのは、特定の条件の下でのみです。

すなわち、伝えようとする人と受け手側の間に信頼関係がある時だけです。

たとえばここに愛し合う二人がいて、一方が他方を傷つけてしまった。

でもこちらは傷つける意図などまったくなく、むしろ相手のことを大切に思っている。

けれども些細な行き違いから、険悪な状態になってしまった。

そんな時、相手を思う気持ちが強ければ強いほど、言葉を尽くして自らを説明しようとするでしょう。

でもその試みが成功するのは、「この人の言動によって私は傷ついたけれど、この人が私を愛してくれているのは間違いない」と信じている場合のみです。

そのときには、話し合いの関心は、相手の言葉ではなく相手の心に向かい、涙と感謝で終わるのだと思います。

誤解があったのならそれは解け、以前よりも美しい結びつきが強まるでしょう。


でもほとんどの場合、自分を理解してもらおうという試みは失敗に終わります。

議論好きで自分が正しいと信じて疑わない、私を含めた現代の人たちは、互いに相手の言葉の揚げ足を取り、巧みに言葉をすり替え、なんとか相手を打ち負かそうとするのです。


でも相手を打ち負かそうとするのは、必ずしも自分が相手の上に立ちたいという欲望からではないのかもしれません。

「自分が正しい」あるいは「相手が間違っている」「相手に悪意がある」ということを純粋に信じていて、自分が傷つけられたことに純粋な怒りを感じているからなのかもしれません。

たとえ相手の側に傷つける意図など全くなかったとしても、あるいは相手の気持ちを真逆にとっているのだとしても。


そうであるとしたら、私たちはどのようにして、どのような態度で生きていくのが正しいのでしょう。

正しいとまでは行かなくても、賢い生き方なのでしょう。


沈黙は金


今の私の境地では、この言葉に勝るものはないような気がしています。

もしこの世が調和した世界であれば、善意や好意は感謝と涙で受け取られるでしょうが、残念ながらこの世の中はそうはできていないようなのですから。

無為に言葉を重ねて溝を深めるのであれば、無言を貫いたまま相手の幸せを願う方がはるかに清い生き方のような気がします。


とまあ、人が分かり合えないということを託ってきたわけですが、それでは「自分が正しく理解される」ことに耐えられる人はどれほどいるのでしょう。

少なくとも私は、正しく理解されて平気なほど清らかな心を持っていません。

ほどほどに誤解されているからこそ、「センセーはいい人ね」と言ってもらえるのだと思います(笑)

そう考えると、正しく理解されないということは、私のような未熟者にとっては案外恵まれたことなのかもしれませんね。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

マイナポイント [その他のトピックス]

唐突ですが、みなさんはもうマイナポイントは受け取りましたか?

マイナポイントについて、よくわからないという方はこちらのサイトをご覧ください。



簡単に言うとマイナポイントというのは、マイナンバーカードの普及促進を図るために「マイナンバーカードを取得した人には、条件によって最大2万円分のポイントをあげるよ」という国の施策です。

mainapoint.png

マイナンバーカードを新規取得した人に最大5000ポイント、健康保険証として使えるように登録した人に7500ポイント、さらに公金受取口座を登録した人に7500ポイントを進呈するというものです。

マイナンバーカードはすでに健康保険証としても利用ができ、2024年には紙の健康保険証が原則廃止になる見通しです。

また運転免許証もマイナンバーカードと一体化されます。

さまざまな機能がマイナンバーカードに集約されることで、これまで煩雑だった事務手続きが一本化されるようになり、とても便利になりそう。

私は大歓迎です[黒ハート]

例えば転居したときなど、市役所に転入届を出し、国民健康保険証も変わり、警察署で免許の記載変更をし…などといったことがマイナンバーカードの更新だけで済むようになります。

運転免許証の更新もインターネット上でできるようになります。

ずいぶん楽になりますね。


もちろん大切な個人情報ですから、カードのセキュリティがしっかり守られる仕組みを国が構築していることが前提ですけどね。


さて話を戻しますが、そのマイナンバーカードの普及がイマイチなので、なんとか取得してもらおうと考えられたのが「マイナポイント」です。

ちなみに誤解されている人も多いですが、マイナポイントというポイントがあるわけではなく、みなさんが普段利用されているポイントサービス、例えばSUICA(スイカ)やnanaco(ナナコ)などのポイントがもらえるということです。


そのマイナポイントの申請期限ですが、当初は9月30日までだったのが12月末まで延長されました。

マイナンバーカードを持っているだけで、あとはポイントの申し込みをすれば最低でも15000円分のポイントがもらえるわけですから、よほどお金が有り余っていて使い道に困っている人でなければ、ぜひ申請することをお勧めしますよ。


申請はスマホから簡単に行えます…






簡単と書きましたが、これが案外、簡単ではないようで…[あせあせ(飛び散る汗)]


なぜかスマホに入れるアプリが2つ必要だったりと、とにかくわかりにくいです。

マイナンバーカードを使った認証操作も頻繁に出てくるし、もう少し何とかならないのかなとは感じました。


とはいえ、教室に見えている生徒さんたちは、センセーと一緒に次々と申請を済ませていますよ。

みなさん、1万5千円~2万円のお小遣いをゲットできて、とても喜んでいらっしゃいます。

12月末まではまだ時間があります。

マイナンバーカードをまだ取得されていない方は、ぜひこの機会に取得されてはいかがでしょう。

ポイントの申請がよくわからないという方は、教室でお手伝いしますので、ぜひご利用くださいね[わーい(嬉しい顔)]

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

カップル? [教室の出来事]

今朝起きたら・・・さ、寒い[がく~(落胆した顔)]

前回の更新が5月で今日は9月21日。
すっかり秋になってしまいました。
そりゃあ寒くもなりますね。

そんなわけで今朝は、久々に長袖シャツを引っ張り出して着てきました。


教室にいらっしゃる生徒さんも、みなさん秋らしい出で立ち。

そんな中、


「ん?」

pair.jpg

「ペアルック[黒ハート][exclamation&question]


ヒサシさんとかぶっていました(笑)

ヒサシさんもあのお店で買ったんですね?


とは聞きませんでしたけど [わーい(嬉しい顔)]


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

先生とセンセー [雑感]

久々の更新となってしまいました (^^)


先日、ある生徒さんからこんなことを言われました。

「センセー、パソコンを新しくしたらすっかり操作がわからなくなっちゃいました。
以前のパソコンは操作が簡単だったのに、新しいのはダメねー。
どんどん変わっちゃって、私たちの世代にはついていけないわー」


ふむふむ。

さてその方のパソコンですが、機種そのものは変わったものの、中に入っているソフトは以前と同じ「Windows 10」。

つまり以前のパソコンと実は全く同じものなのです。

ワードやエクセルも、バージョンが新しくなったためデザインは少し変わりましたが、配置や機能は以前とほとんど変わっていません。

変わったところと言えば本体の色と一部のキーの配列が少々違うぐらい。

つまり、パソコンが変わったので操作が難しくなったと感じるのは、申し訳ありませんがその方の勘違いだったんですね。


とは言え、お気持ちはわからないでもありません。
物事がうまく行かないとき、人は誰でもどこか自分以外のところへ原因を求めたくなるものです。

もちろん私自身も例外ではありません。

それで普段でしたら、「ああ確かにそうですね~」ぐらいで話を流すのですが、その方は教室の生徒さんの中でもとりわけ理解力が高くお話の分かる方。
しかも非常に熱心で向上心のある方でもあります。

それで私も、いつになく「きちんと教えてあげたい」と思ってしまったんですね。


それでつい、

「いやいや、それはパソコンのせいではないんですよ…」

と言いかけました。

その後には続けて、パソコンの仕組みやハードとソフトの関係、パソコンを使いこなすための心構えのようなことまでお話しして差し上げるつもりでした。

(それは全くの親切心から、もしくはパソコンのインストラクターとしての自負の気持ちからでした。)

でも結局、それをお話しすることはできませんでした。

なぜなら、上の言葉を言いかけたところで


「パソコンのせいでないなら、(できないのは)私のせいということですね?」


と言われてしまったからです。

少しムッとされたように感じました。


正直、「しまった!」と思いました。

ご本人のプライドを傷つけてしまったと反省しましたが、もはや後の祭り。

その後はちょっと気まずい時間が流れました。



教室の生徒さんとパソコン教室のセンセーでは、知識や経験が違うのは当たり前(だから習いにいらっしゃるわけですしね)。

ですからインストラクターである私が生徒さんを、そのスキルの未熟さゆえに笑うようなことは絶対にあり得ません。


それからもう一つ。

パソコン教室の「先生」になったからと言って、誰もが優れた教え手であるわけではありません。

人の価値はその肩書で決まるわけでなく、知識や経験の量のみならずその人の姿勢や在り様によって評価されたり尊敬されたりするのだと思います。

どんなに「私は先生でござい」と胸を張ったところで、中身が伴わなければ誰も教室に来てはくれないでしょう。

私が自分のことを「センセー」とおちゃらけて呼ぶのは、「先生」なんて呼ばれるのが恥ずかしいからなんですね。

先生なんてエラそうだし、そんなに立派な者でもないですしね。

教室の生徒さんとは、先生と生徒さんというよりも、共にパソコンを趣味に持つ仲間同士、ただ僕の方がちょっとだけ先を行っている先輩、横並びの関係だといつも思っています。


逆にそう思えばこそ、今回はついつい力が入ってしまったのかもしれません。

その生徒さんの未熟さや勘違いを笑うつもりは端(はな)からありません。

僕もまた、かつては初心者でしたから。

ただ僕が歩んできた過程を少しでも参考にしてもらえたらと思っただけでした。

でもそれをうまくお伝え出来なかったのは、やはり僕自身が未熟であったからだと反省しています。


やっぱり僕は、いつまでたっても「センセー」なんだなと、改めて思いました。

でも、それでよいとも思っています。

どこまで行っても発展途上。
でも歩みを止めず、進み続けていきたいなと思っていますよ。



ちなみに件の生徒さんとは、その後も楽しく学び合っています。

で、次はもっと上手に、僕の知っていることをお伝え出来ればなあと、密かに機会をうかがっています[わーい(嬉しい顔)]

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

将来に向けて [教室の出来事]

土曜日の午後は いろはキッズ、小学生向け教室の授業があります。

この日、いつものメンバー3人が熱心にパソコンに向かいました。

kids.jpg

3人とも現在は、タッチタイピングの習得に励んでいます。

練習しているうちに、最初は思うように動かなかった10本の指が、だんだんと自由に動くようになり、いつの間にか手元を見ないで打てるようになっていきます。

すごいですね~(^^♪


これからは勉強でも仕事でも、パソコンを使うのは当たり前。

キーボードが自由に操れるのはとても重要なスキルになります。

今、熱心に取り組んでいることが、近い将来とても役に立つことでしょうね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

描き初め? [教室の出来事]

あけましておめでとうございます。
今年もいろはパソコン教室をよろしくお願いいたします。


さて本日土曜日は、いろはキッズのかわいい生徒さんたちが受講しました。
今日はケンちゃんとアカネちゃんの二人。
ペイント3Dというソフトを使ってお絵描きを楽しみました。


ケンちゃんはこんな絵を描いていました。

ken.jpg

きれいな花火だなあと思ってみていたら、

先生、どれがいい?

と聞かれました。

??と思いながらも、とりあえず一番左のを選んだのですが、画像を拡大していくと「大吉」の文字が隠れていました。

なんと、おみくじになっていたのです [exclamation×2]
※画面上でお見せできないのが残念です


いやいや、そんな工夫が隠されていたとは、すっかり脱帽です。
私には思いもつかないアイデアですよ (^^)


アカネちゃんは鯛のイラストをペンでなぞって色を付けている途中です。

akane.jpg

本物の鯛をインターネットで調べながら頑張っていました。

来週は完成しそうですね。


それにひきかえ、センセーはこんな感じ。

sense-.jpg

恥ずかしい~~(+o+)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

まだまだ現役 [その他のトピックス]

Windows11がリリースされてから2か月以上が過ぎました。

これからは店頭にも11が入ったパソコンが並ぶようになるでしょう。

でも皆さんがお使いのパソコンも、条件を満たせば10から11にアップグレードすることができますよ。
生徒さんの中にも、すでにWindows11にアップグレードしたパソコンをお使いの方も数人、いらっしゃいます。

ちなみに教室のパソコンはというと、古いパソコンを騙し騙し使っているので(笑)、どれも11にすることはできず、Windows10のまま使っていくことになります。

唯一、センセーが使っているパソコンのみがアップグレードできました。

さて・・・

OS(オーエス=Windowsのことですよ)をアップグレードした後は、「前の方が使いやすかった」と教室の皆さんは決まっておっしゃいます。

確かにそれまで使い慣れたものが新しくなるわけですから、そう感じるのも無理はありません。

でも新しく出たものは性能や使い勝手が改良されているはずなので、慣れてしまえば快適に使えるはずです。

ですから私も皆さんに、「慣れれば快適ですよ」といつも言ってきていますし、自分でもそう思ってきました。


ところが今回は、なかなか苦戦しています(^^)

スタートボタンをクリックしたときの画面が大きく変わってしまっていて、ちょっと慣れるまで大変そうです。

特に私は、仕事をしやすいようにあれこれスタート画面のレイアウトなどを工夫していたのですが、それが通用しなくなっていて、ちょっと困っています。

まあ、それを「知恵と工夫」で何とかするところに面白味があるのですけどね。

逆に言うと、それをただ「面倒くさい」と感じるようになったら、この仕事もそろそろ潮時なのかもしれません。


そんなわけで、Windows11にアップグレードして10日ほど経ちましたが、ようやく手に馴染んできました。

まだしばらくは教室を続けられそうで、ホッとしています [わーい(嬉しい顔)]

nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:資格・学び

きれいに咲きました [教室の出来事]

ヤスコさんは少し離れた隣町から電車に乗って通ってきてくださっています。

パソコンを始めたのは遅かったのですが、今ではすっかりハマっているご様子。

習い始めの頃はパソコンもお持ちではなかったのですが、最近最新のパソコンを購入し、自宅にはインターネット回線(WiMAX)も導入しました。

やる気満々ですね(^^)


ヤスコさんの得意な分野はワードでの書類作成。

その中でも図形を使って地図を作ったりお絵描きをするのがとてもお上手です。

ご自分のお部屋に飾るカレンダーを毎月作るのがお楽しみのようです。


そんなヤスコさんが先日作っていらっしゃたのが ↓コレ↓。

yasukosan.jpg

とてもステキだったので、皆さんにもお披露目しちゃいますね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

祝!ホームページ公開 [その他のトピックス]

いろは教室を受講されているミネさんはお写真を趣味にされています。

腕前はセミプロ級で、私も見せていただいたことがありますが、素人目にも素敵だなと感じるお写真がパソコンの中にたくさん保存されています。

元々フィルムカメラの頃から写真を楽しんでいらっしゃったミネさんですが、世の中はデジタルカメラ全盛の時代へ移り替わろうとしていた時期。

これからはカメラを楽しむにもパソコンが使えなければ…と考え、いろはパソコン教室にご入会されたのでした。


そんなミネさんのパソコンの中には、これまでに撮りためた大量の写真が保存されています。

「シャッターを切ること自体が楽しい」とおっしゃるミネさんですが、せっかくの素敵な作品たち、ただ眠らせておくのはもったいないのではとワタクシ思いました。


そこで「お知り合いの方にお披露目してみては?」とお勧めして、このたびミネさんのホームページが公開されました。


カメラは友だち (←クリックまたはタップ)

※ホームページ内の写真をクリック(またはタップ)すると拡大されます。


これからも時々写真を追加や入れ替えをされる予定だそうですので、よかったらご訪問くださいね。

7-1.jpg

nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。