SSブログ
前の10件 | -

また逢う日まで [教室の出来事]

先週の土曜日、高校生のソウタ君が教室を修了されました。

ソウタ君は高校3年生、この春には就職されます。

その準備のために、パソコン教室もいったん卒業ということになりました。


初めて教室でソウタ君に会ったのは5年余り前。
まだ幼さの残るソウタ君でしたが、今では私の身長も超えてしまいました。

時の流れを感じてしまいますね。

その間にタイピングの腕前を上げ、ワードでの書類作成も随分上達し、最近ではエクセルの操作を学んでいました。

とても素直で熱心なソウタ君だからこそ、ここまで習熟できたのだと思います。


最後の日にはご両親と妹さんが訪ねてきてくださいました。


ご両親に宛てたお礼のお手紙を先日お渡ししてあったのですが、それを読んでくださったお母様から


「号泣ものでした~」


とおっしゃっていただき、私も胸が熱くなりました。

仕事が落ち着いたらまた習いに来たいと言っていただいています。


社会人になってさらに成長したソウタ君に会えるのが、今から楽しみです。

それまで私も頑張らなければ(^^)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

まさかの返し [教室の出来事]

ブログの更新をすっかり忘れていて、気がついたら前回から半年近くが経っていました。

もうやめちゃおうかな~などといい加減なことを思っていたのですが昨日、「これはブログに書いとかなきゃなあ」と思うような出来事がありましたので、久しぶりに更新することにしましたよ。


教室にはお仕事柄、ちょいちょい営業の電話がかかってきます。

その中でも多いのが


電話料金が安くなりますよ


という類のものです。


いろは教室ではすでにひかり電話を契約していて、これ以上は安くなりそうもないし、安くなったとしてもほんの僅か。


そのために費やす時間の方がよほどもったいないので、営業の方には悪いけどすべてお断りさせてもらっています。


でも、いくら断ったところで、新たな代理店からしつこく電話が掛かってきて切りがありません。


そこで最近では、営業の人と長々話さずとも諦めてもらえるためのフレーズを用意しています。


まあ簡単に言えば、電話やインターネットや電気代はすべて大家さんが管理しているので、こちらではあずかり知らないんですよってことにしています。


これを伝えると、たいていの場合は「わかりました」と言ってすんなり電話を切ってくれます。



ところが昨日の電話はそううまくはいきませんでした。


電話代が安くなるといういつものフレーズだったので、いつものように「大家さんが…」と言って断ったのですが、


「ご自宅の電話代も安くなりますよ、いかがですか?」


と食い下がってきます。


面倒だなーと思い


「いや、結構です。要りません」


と答えました。


すると


「ええ? 安くなるのに要らないんですか?」


と言ってくるので、


「あーそうなんですよー。うちはお金があり余ってるので、高くても大丈夫なんです」


と答えてやりました。


これで諦めるだろうと思ったのですが、それに対してまさかの返しが…



「それでしたら割高になるプランもありますよ」


さすがに笑ってしまいました。


ええ、笑いながら電話を切りましたよ。


それにしても割高になるプランって、どんなんだろ?

ちょっと興味があったりして[わーい(嬉しい顔)]


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

災い転じて? [雑感]

前回のブログは残念な結末で終わってしまいましたが、実はそのあと急転直下の顛末がありました。




翌朝はさすがにすっかり落ち込んでいました。

先方から教えられた名前も連絡先もインチキだったため、こちらから相手を割り出す術はありません。

大きな事故でもないので警察に相談しても取り合ってもらえないでしょう。


ああ、泣き寝入りかあ。

自転車の修理代、損しちゃったなあ。

でも怪我しなくてよかったな。


そんなふうに自分に言い聞かせていました。


すると10時ごろ、私のスマホに見知らぬ電話番号から着信がありました。

怪訝に思って出てみると

「昨日事故を起こした者です…」

という声が。


最初は信じられませんでした。

ウソの連絡先を伝えてくるような悪人がわざわざ連絡してくるとは一体どういうことなのだろう…と、状況がうまく理解できずにいました。


とりあえず話を聞いてみたところ、概ね次のような説明をされました。

・事故を起こして気が動転してしまった

・以前事故を起こした時に相手方から脅迫のようなことをされたことがあり、怖くなってウソをついてしまった

・でも事故を起こしたことと嘘をついたことが怖くなって夜も寝られなかった


だいたいこんな感じでした。

もちろん、どれもこれも嘘をついてよい理由には全くならないんですけどね。


それで改めて相手の(本当の)氏名と連絡先を聞き、月曜日に揃って泉警察署に届け出に行くことにしました。



月曜日。

教室の近くで待ち合わせて、先方の車に乗って警察に行きました。


警察では二人の警察官の方が対応してくださいました。

先日の交番の若い巡査とは雲泥の差、とても親切で丁寧な対応をしていただきました。

(この間のお巡りさんはなんだったんだ。思い出しても腹が立つw)

事故のあらましを説明し処理していただき、あとは当事者同士の話となりました。

特に怪我をしたわけでもなく、自転車が少々ダメージを受けた程度でしたので、その日に持参されていたお見舞金を受け取って、それで終わりにしました。


その日の気分は自分でも不思議な感じでした。


事故に遭ったのは不幸な出来事でした。

でもそれ以上に悲しかったのは、相手を信じて裏切られたということでした。

人間はとても弱い生き物だということはよく知っているつもりです。

60年も生きてきましたからね。

自分のことを振り返っても、何か大きな失敗をしたときに、誤魔化したくなったり誰かのせいにしたくなることはあります。

だから相手の方がつい逃げてしまおうと思ったのも(よくないことではあるけれど)理解することはできます。

そして思うのは、いったん逃げてしまったあと、もう一度引き返すのにどれだけ勇気が要っただろうということです。


自分の過ちを認めるのは、そしてそれを正すのは、時にとても勇気がいることだと思います。

もちろん今回、相手の方が連絡してきたのは「正しいことをする勇気」というより「悪いことをしたことに対する罪悪感」からだったかもしれません。

それでも私は、自らの非を認めて詫びる相手をそれ以上責める気にはなれません。

それよりはむしろ、相手の方に対して親近感のようなものを感じてしまいました。

根はきっと良い人なんだろうなあ、違う出会い方をしていたら親しくお付き合いができたかも…などと考えてしまいました。

まあ、向こうは「そんなのごめんだよ」と思うでしょうけどねw

事故に遭ってこんな感じになるなんて、ひょっとしたら気づかないうちに頭を打っていたのかもしれませんね(笑)


まあとにかく、禍を転じて福と為すというのではありませんが、最後の最後はよい終わり方ができてよかったなと思っています。


やっぱりお人好し?

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

罰が当たったのかも [その他のトピックス]

気が付いたら半年以上もブログを更新していませんでした。


さて

今朝、用事があって自転車で長後街道を走っていたら、路地から出てきた車に当たられてしまいました。

長後街道に合流するためにほかの車の流れに気を取られて、目の前の私の自転車に気づかなかったようです。


ぶつかられた弾みに自転車ごと車道に倒されてしまいました。

幸いすり傷程度で済んだからよかったようなものの、ぶつかったときに運転者があわててアクセルとブレーキを踏み間違えていたらと思うとゾッとします。


相手は中年の女性の方で、降りてきて謝罪されました。

そんなに悪い人には見えませんでした。


本来ならここで警察に連絡して事故の処理をしてもらうところなのですが、私はどうしても約束の時間に間に合わせなければならない用事があり、その旨を告げると、女性は車に戻り、自分の名前と電話番号を書いたメモを渡してきました。

私も自分の名前と電話番号を書いて渡し、とりあえず警察に事故があったという通報だけしてくれるようにお願いして、いったん別れました。


とりあえず目的地まで行こうと自転車にまたがり漕ごうとしたのですが、なんと、チェーンが外れていて自転車は役立たずになっていました。


仕方がないので10分ほどかけて教室まで自転車を押していき、そこから用事を済ませに行きました。



さてお昼を過ぎて、事故の相手の「さいとうみか」さんから電話があるかと思ったのですが掛かってこないので、こちらから何度か掛けたのですが、呼び出しはするものの応答がありません。


自転車の修理もせねばならず、そんなこんなしているうちに夕方になってしまいました。

このままではさすがに気持ちが悪いので、教室の電話から掛けてみたところ、ようやくつながりました。


けれども電話に出た方は、「さいとうみか」ではありませんでした。

どうやらウソの電話番号を教えられたようです。

(電話の持ち主の方は、見知らぬ番号からかかってきた電話だったので無視していたそうです)


このぶんでは「さいとうみか」という名前も偽名なのでしょう。


なんだかすっかり情けない気持ちになってしまいました。


スマホを持っていたのだからせめて相手の免許証の写真を撮るなどすればよかった。

用事など放っておいて警察を呼べばよかった。


昼間、知り合いに事故の話をした時には「ぶつけた相手も今頃ショックを受けていて気の毒だと思うよ」などと言ってました。


なんて俺は馬鹿なんだろう。



お昼に一応届を出しに行った交番の若い警察官も横柄で死にたくなるほど感じが悪かったし、なんでこうなんだろ?

こちらが誠意をもって向き合えば、相手にもまごころは伝わるなんていうふうには、この世の中はできていないんだろうな。


怪我もしなかったし、自転車の修理代もたいした額ではなかったのだけれど、人に裏切られたというのが何より悲しいです。

僕もまじめに生きてるつもりなんだけどなー。

理不尽なことばかりが身に起きるよ。

なにか前世で悪いことでもしなのかなあ。


クリスマスを前にして、心底情けない気持ちになってしまいましたよ。


ま、いいやー

クリスチャンでもないし

ブログのネタになったことだしねww

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

母の日 [教室の出来事]

昨日は5月の第2日曜日、母の日でした。

前日の土曜日のキッズクラスでは、二人の生徒さんがそれぞれ思い思いにお母さんへ送るカードを作っていました。

二人とも先週から取り組み、時間をかけてカードを完成させていました。

きっとお母さんの喜ぶ顔を想像しながら作っていたことでしょう。

何度もやり直しながら、とても熱心にパソコン操作をしていたのがとても印象的でした。

hahanohi.jpg

きっと受け取ったお母さん方も喜んでくれたに違いありませんね。


ところで知っている方からこんなお話を聞きました。

その方も母の日にお母様にプレゼントをされたそうなのですが、送った品がお母様のお気に召さなかったのか、受け取ってもらえなかったそうです。

お母さまにも決して悪気はなかったのでしょうが、贈った方はとても寂しそうになさっていました。

その方がお母さまのためにお店を何軒も回ってプレゼントを探したのを知っているだけに、それを聞いた私も残念に思いました。


贈り物ってなんだろうって考えたりします。

人は時に、大切な人に自分の心を伝えたいことがあるでしょう。

そんなとき詩人だったら相手を思う詩を、絵描きだったら自分の想いを表す絵を贈ることができるのでしょうが、私のような凡人にはそんな才能はありません。

だから贈り物をする人は、やむなく誰かが代わりに作ってくれた品物を贈り物に選びます。

でもそれがただのハンカチだったとしても、その1枚を選ぶために多くの時間を割いているかもしれません。

相手がそれを使う様を想像して、

この色とこの色、どちらが似合うかな?

この柄は好きかな?喜んでもらえるかな?

あの人は汗かきだから、タオル地の方が向いてるかな?それともレースの方がオシャレかな?

そうして、ようやくたった1枚のハンカチを選ぶのでしょう。

そう考えると、贈り物というのは、品物(ましてや金額の多寡)のことではなく、それを贈るまでにかけた時間、そしてそこに込められた思いのことではないかと思います。

まあ、勿体ぶった割にはありきたりの結論ですけどねw


現代の社会はとても豊かです。

持てる者が持たざる者に与えるべきと言っても、今は誰もがたいていのものを持っています。

だから

与えることは強いことであり豊かなこと。

受け取ることは弱いこと、貧しいこと。

そんなふうに感じている人が多いのかもしれません。

そして競うように与えたい、与えようと思うのかもしれません。

そのおかげで、世の中には心温まる出来事はたくさんあふれています。

ネットを見ても、人に親切にしたりやさしくしたりしたというほっこりするような記事を見つけることは難しいことではありません。

それはとても嬉しいことです。

でもどんなに与えたいと願っても、それを受け取ってくれる人がいなければ、その願いは行き場を失ってしまいます。

「与えたい心」は「受け取りたい心」と出会って初めて潤いのある関係が成就するのだと思います。

幼い子供たちと接するときに私たち幸せな気持ちになれるのは、それだからこそなのでしょう。

私も小さな子供たちを見習って、謙遜な気持ちを忘れないようにしなければなりませんね。



ちなみに私は頂けるものは何でもありがたく頂きますので、ご家庭でご不要となりましたビールでもウイスキーでもなんでも持ってきてくださいね。

絶賛受付中ですよん[るんるん]

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

教室が明るく(^^♪ [教室の出来事]

今日はセンセーの何十回目かの誕生日。

赤いちゃんちゃんこは着ませんけどね。

まあ、うさぎ年ですよ[わーい(嬉しい顔)]


夕方、ミチコさんがお花を届けてくださいました。

しかも[exclamation]わざわざ花瓶まで持参して、教室のテーブルを飾ってくださいました。

flower.jpg

おかげさまで殺風景な教室が明るくなりましたよ。

ありがとうございました [黒ハート]

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

祝!世界一 [教室の出来事]

今日はWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の決勝、日本vsアメリカ戦。

昨日の準決勝はテレビの前で観戦しましたが、今日はお仕事の日。

まさか授業中にテレビなんて…...…見ちゃいました[わーい(嬉しい顔)]

受講されていたミナコさんが

「センセー、どうぞ観てください。私も野球好きだから~」

と言ってくださったので、お言葉に甘えちゃいました。

そして最後の大谷選手がトラウトを三振に取るサイコーにしびれたシーンは、ミナコさんと一緒に見ましたよ。

侍ジャパン、世界一おめでとうございます[exclamation×2]

素晴らしい試合に心から感動しました[るんるん]

wbc.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

たからもの [教室の出来事]

今日は暖かい一日でした。
5月上旬の陽気とのことでしたので、暑いぐらいだったかもしれませんね。
横浜では来週末に桜も咲くそうですよ。
桜といえば以前は4月の入学式の頃でしたが、今はまだ3月、卒業式の季節ですよ。

さて近隣の小学校は来週が卒業式。
いろはキッズに通っている6年生のケンタくんとユカリちゃんは今日、お世話になった小学校の先生に渡すお手紙をパソコンで作っていました。

kentaro.jpg

akari.jpg

それぞれ思い思いに工夫を凝らした作品が出来上がったようです。

心のこもったお手紙をもらった先生にとって、かけがえのない宝物になることでしょうね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

お疲れさま [教室の出来事]

先日ご入会されたユキエさんは普段はお仕事をされていて、お仕事帰りに教室にお寄りになります。
そのため受講されるのは一番遅いクラス(20時10分~)ということになります。

そんなユキエさんは、今日が初回のレッスンでした。

お仕事でお使いになるワードとエクセルを勉強していかれますが、初回からとても熱心に学んでいただきました。

その上、ユキエさんはとても聞き上手。
そのおかげでセンセーも気持ちよくレッスンさせていただくことができました。

お仕事帰りでお疲れでしょうに、貴重な時間とお金を使って習いに来てくださることに感謝の気持ちしかありません。

またそのような前向きな姿勢に、私も学ばなければならないと強く感じました。


ユキエさんに限らず、生徒さんたちはそれぞれに思いを持って教室に通ってくださっています。
みなさんのそんなお気持ちに応えられるよう、これからも精進していかなくてはと気持ちを新たにしました。

で、その気持ちを忘れないようにと、さっそくサボっていたブログを更新してみましたよ [わーい(嬉しい顔)]

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

人柱になってみましたw [その他のトピックス]

先日、またまた国税庁から差し押さえの通告をされてしまいました。

なにやら税金が未納なので、財産を差し押さえるとのことです。

困ったなー(棒)


もちろん、例の迷惑メッセージです。

私のスマホに送られてきました。

最近多いですよね。

他にも「不在だったために宅配便を持ち帰りました」とか。

皆さんのところにも頻繁に届いていることと思います。


国税庁ともあろう立派な機関が雑なショートメッセージで納税しろと言ってくるなんて、常識的に考えてあり得ないのですが、それでもやっぱり不安になる方も多いと思います。

そんなメッセージはサクッと削除してしまってよいのです。

でも、もしその先にある「ここをタップしてください」というところに触ってしまったら、果たしてどうなるのでしょうか?

気になるでしょ?

でも自分で試してみるのは怖いですよね?

それじゃ、センセーが皆さんに成り代わって試して差し上げましょう。

ということで、やってみました。

よい子はマネしないようにね(^^♪


まず最初のリンク(青い文字の部分)をタップすると、怪しいサイトに連れていかれ、以下のページが表示されました。

1sasiosae.jpg

日本では使われない漢字で請求内容が書かれています。

なるほど、4万円を支払えということですね。

しかも期限は12月19日までですか。

このメッセージが送られてきたのは12月20日だったのですがw


さらにその下の「お支払いへ」をタップすると、以下の画面が表示されました。

2seikyuu.jpg

なるほど、この画面で個人情報を入力させ、支払いページへ誘導するという仕組みですね。


ここまで見れば十分なので、終了させました。


これで手口はわかりましたね?

この場合、タップしただけでは何も起こりません。

個人情報や支払い情報を入力して、初めて先方(悪いやつ)にこちらの情報が渡ってしまうわけです。

ですから不用意にこちらの情報を入力しないようにだけ、くれぐれも気をつけましょうね。

相手はこちらのことがわかって詐欺メールを送ってくるわけではなく、でたらめに送り付けてくるだけなのですからね。

まあ、怪しいと思ったら、メールやメッセージはすぐに削除するようにしましょう。

心配なら教室にご相談くださいね。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。